住居購入でかかる諸費用 | 建売物件では実現できない機能性を備えた注文住宅
House

住居購入でかかる諸費用

諸費用を考慮し資金計画を

川西での一戸建て購入では、土地代や建物代だけではなく、その他もろもろの費用がかかってきます。ローンを組むための費用、登記費用、不動産屋への仲介手数料などがあり、これらは思ったよりかさむこともあります。川西では目安としては、一戸建て物件にかかる3〜7パーセントとなっており、このことも十分考慮に入れた資金計画を練っていく必要があるでしょう。それぞれのケースで支払わなければならない費用内訳やその価格は、変わってきます。これらを把握し、それに従って資金を準備することは一人では大変なことです。購入前に川西エリアに事務所を置く、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談し、アドバイスをもらうことも考えましょう。

少しでも安くする工夫

川西の一戸建ての購入でかかる諸費用は、工夫で節約することが可能なので、できるだけ負担を抑えるためにも、ぜひ実行したいものです。例えば、ローン保証料は、返済できなくなった場合に肩代わりをする保証会社の利用料ですが、これは工夫次第で節減可能です。ローン保証が最初から必要ない、あるいは、頭金を多く払えば保証不要にしてもらえるなどのローンを利用すれば、保証料をゼロにできます。また、ローンを組むにあたって火災保険に加入することが必須となっていることが多いです。この火災保険料も、プラン内容を精査することで節約の余地が生まれます。立地や一戸建て住居の構造などを考慮し、不必要な補償を除くと、保険料を安くすることができるでしょう。

ページのトップへ戻る